テレビの多様化でアンテナ工事の取り入れ方が変わる

アンテナ工事なしでテレビを見るには

アナログ放送から地上デジタル放送に切り替わって、地デジ対応のアンテナを購入し、取付工事をする人が多くなっています。しかし、様々な方法でテレビを視聴できる時代になっているので、アンテナがなくても視聴することができます。

多様化するテレビの視聴方法

光テレビ
光テレビを利用する場合は、モデムが必要になります。電波塔から発信されている電波を、光テレビの契約者のモデムを介してチューナーにつなぐことができます。チューナーで受信した電波を地デジ対応のテレビに送ることで視聴可能です。
ケーブルテレビ
ケーブルテレビ会社と契約することで、チューナーをレンタルもしくは購入します。チューナーは放送局から発信している電波を受信するための機材なので、地上デジタル放送を視聴することが可能になります。

工事なしのテレビ閲覧~良いところと悪いところ~

良いこともあれば悪いこともある

テレビを視聴する方法は沢山あり、アンテナの取り付け工事をしない光テレビやケーブルテレビを利用している方も増えています。アンテナ工事をしないことのメリットやデメリットも比較してみましょう。
アンテナの工事が面倒なので、光テレビかケーブルテレビを導入しようと思っています。面倒な作業が減る以外に、利点はありますか?
アンテナの取り付けが必要ないために、住宅の外観を維持することができるのがメリットです。特に、新築住宅はアンテナを考慮して設計した人は少ないため、景観を損ねないテレビの視聴方法が人気です。また、ネット回線の利用や沢山の番組を視聴できることもメリットです。
ネットで検索すると、ケーブルテレビと光テレビのメリットしかなくて逆に不安です。デメリットなどはないんですか?
光テレビとケーブルテレビを視聴するためには、毎月定額の使用料金が掛かります。長期的に考えると、アンテナの購入費と取付工事費を、光テレビやケーブルテレビの使用料金が上回るでしょう。さらに光テレビの場合は、ネットを使用しない人でも回線契約が必要です。

確実性を求めるならアンテナ工事が吉!

地デジアンテナの取付工事には、初回だけ費用が発生します。しかし、使用料や受信料などが発生しないことがメリットです。また、BS対応のアンテナにすると、BSデジタル放送も視聴することができますし、非常にクリアな画質でテレビを楽しむことができます。

コスト面でも優秀なアンテナ設置

見積もり

地デジ対応のアンテナを取り付ける場合、アンテナ代とケーブル代、取付工事費用など全て合わせると、3万円~5万円程度のコストが必要になります。高額に感じる人もいるかもしれませんが、光テレビやケーブルテレビの場合、さらにコストが掛かります。新規加入料金と各種工事費用だけで、3万円~5万円程度必要で、その上毎月の使用料や受信料が発生します。そのため、コスト面ではアンテナを取り付ける方がお得になります。

TOPボタン